口元にできるニキビ

ニキビ、といえば、青春の象徴といったイメージが強く10代の思春期にあたる時期に悩まされた方も多いのではないでしょうか?とはいえ、ニキビは思春期だけのものではありませんね。 大人になってもニキビの悩まされる方は大勢いらっしゃいます。

大人ニキビで多いのは、繰り返しできる口元のニキビです。10代までは額など、顔の上部分に出来る事の多かったニキビですが、大人になるに連れて発生する場所な下に下がっくると言われています。成人してからニキビに悩まされる方の多くは、口元に発生しているケースが多いのです。

口元にできるニキビも、基本的にはお肌の汚れや余分な皮脂が毛穴に詰まった結果引き起こされるものです。ケアの方法としてはその他のニキビと同様に、こまめな洗顔や保湿が重要になってくるのですが、スキンケアだけでは繰り返すニキビを改善できない可能性もあるでしょう。

根本的な原因を改善し、ニキビスパイラルから脱出して下さい。口元のニキビは胃が荒れている証拠だ、と聞いた事はありませんか?口の周りに出来るニキビの原因を考えるの得れば、まずは食生活を見直してみましょう。

過剰なアルコールの摂取も口元ニキビの原因になり得る要因です。また、ストレスによって胃の働きが弱まっている事も考えられます。

さらに、生理前に分泌される黄体ホルモンの影響も考えられます。黄体ホルモンは、皮脂の分泌を盛んにする男性ホルモンと似た働きをしますので、生理前のお肌はニキビの出来やすい状態になってしまっていると言われているのです。

口元でも、口の上・鼻の下(男性のヒゲが生える場所)に位置する場所にニキビが出来ている場合、ホルモンバランスの乱れが起き男性ホルモンが過剰に分泌されている事が考えられます。ホルモンバランスの乱れの原因としては、食生活や睡眠時間の乱れ、精神的なストレスなどが考えられます。

毎月の生理によるホルモンの影響を自分で改善する事は出来ないかも知れませんが、生活習慣の改善は自分で行えるケアですね。洗顔で清潔な状態を保つ、保湿を行う・・・、といった基本的なニキビケアにプラスして、健康的な生活習慣を身につけるよう心がけてみて下さい。

このページの先頭へ