紫外線がニキビをつくる

ニキビは比較的メジャーな肌トラブルですが、私たちにはその他にも様々な肌トラブルが起こり得ます。それらを防ぐため、保湿や紫外線対策など、日頃から抜かりないケアを行っている方も多いでしょう。

なかでも紫外線に関しては、日焼けやシミ、またシワなど、様々な肌トラブルを引き起こす原因であると言われています。夏場はもちろん、曇りの日や室内でもUVケアを行っている女性も珍しくはありませんね。

そんな紫外線がニキビの原因にもなる事をご存知でしょうか?紫外線とニキビ、なかなか結びつかない存在ですが、紫外線によるダメージはニキビの発生と深く関わっていすのです。

紫外線は、私たちの角質層が持つバリア機能を壊してしまいまうケースがあります。そうなるとバリア機能を失ってしまった素肌は、水分不足を引き起こし、乾燥した状態になってしまうのです。乾燥した肌は、失われた水分を補うために皮脂を分泌させます。皮脂の過剰な分泌は、ニキビの引き金となってしまうのです。

また、逆にバリア機能を強化してしまうケースもあります。強化、聞けば聞こえは良いのですが、つまりお肌の角質を堅くしてしまう。といいう事です。堅くなった毛穴は詰まりやすく、ニキビの出来やすい状態になります。

また、紫外線によるダメージを受けた肌が発生させる活性酸素もニキビ発生を促す原因となってしまうのです。

多くの方は、紫外線がニキビを作る・・・、という事を知らないままUV対策をしているかも知れません。 また、そもそもUV対策などせず、紫外線に対して無防備に暮らす方もいらっしゃるでしょう。 もしも大人ニキビに悩んでいるのであれば、これまでの紫外線とのつき合い方を見つめ直してみて下さい。

思い当たる節があれば、これまで以上に十分なUV対策が必要になってくるかも知れませんね。また、日焼け止めクリームや帽子、日傘以外にも、ビタミンCを配合した美容液を使うなどしてお肌が受けたダメージを回復させてあげる事も重要なケアだといえるでしょう。

このページの先頭へ