ニキビ跡消すには大豆食品が良い?

ニキビを防ぐためにはホルモンのバランスを崩れないようにすることも有効です。そのために効果的な栄養としては大豆イソフラボンや大豆レシチンがオススメといえます。女の人の体の中には二種類の女性ホルモンがあり、そのひとつが卵胞ホルモン、もうひとつが黄体ホルモンです。
ニキビ跡を消す化粧水、選ぶなら?

生理日から排卵日に向かって活動的になるのが卵胞ホルモンで、お肌を美しく整えてくれる働きを持っています。反対に黄体ホルモンは皮脂の分泌を活発にする作用を持ち、ニキビが生まれやすいお肌を作ってしまいます。

生理前だけではなく、年を重ねて行くことやストレスの蓄積などが原因で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランス維持がかなわなくなる時がありますが、黄体ホルモンの影響が強くなることによってお肌にニキビが生まれやすくなってしまうのです。

そこでお勧めなのが、大豆イソフラボンや大豆レシチンが含まれた食事を摂ることとなります。大豆イソフラボンや大豆レシチンの持つ力には、卵胞ホルモンと類似した効果を持っています。

ホルモンバランスが崩れてしまっている際に大豆食品を口にすることによって、ホルモンバランスを良くすることへと繋がって行くでしょう。乱れたホルモンバランスが改善することによって皮膚の分泌も落ち着き、ニキビも生まれにくくなります。

とはいえ大豆イソフラボンを多く摂りすぎてしまうことには気をつける必要があります。基本的には大豆イソフラボンや大豆レシチンを体内に取り込む際には、食べ物空摂取することを意識してください。

大豆製品、お豆腐や投入などからの摂取が向いています。カロリーも控えめですし、たんぱく質もたっぷり含有しています。美しいお肌をキープする事が出来るでしょう。
ロイヤル化粧品

もしも食べ物だけでは難しいという場合は、サプリメントを上手に利用してみて下さい。ただし、その際に気をつけたいのは、摂取しすぎてしまうことを避けるということです。

大豆イソフラボンを1日にとっても構わない量は30mgとなっています。この量を超えてしまうと反対にホルモンバランスが崩れ、体に対しても負担をかけてしまう可能性もあります。 サプリメントを利用して大豆イソフラボンや大豆レシチンを摂り入れる際には気をつけましょう。

辛い更年期症状をやわらげてくれるという大豆イソフラボンは、にきびを防ぐ以外にも様々な病状予防に有効だと考えられています。

体にできるニキビ対策

ニキビができやすい場所といえば顔ですが、他にも胸元や背中、二の腕などにもニキビができてしまうことがあります。

顔にできてしまったものは洗顔に注意したり化粧水を塗るなどのケアを想像しやすいのですが、体にできた場合はどうすればいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

ですが、基本的に体にできたニキビも顔と同様にケアをしてあげればいいでしょう。 ニキビができる原因も顔と同じで、肌の乾燥や栄養バランスの乱れ、ターンオーバーの乱れなどが関係しています。

顔は鏡でよく見ることもあり小さいニキビでも気づきやすいのですが、体のニキビは見逃してしまうことがあるため注意しましょう。

具体的にどのようにケアしていけばいいのかというと、まずはボディソープを見直すことから始めてみてはどうでしょうか。ボディソープの中には汚れを落としやすくするために界面活性剤と呼ばれるものが含まれているものもあります。

特に安価なボディソープには界面活性剤が含まれていることが多いのですが、これは肌にとって刺激が大きいので避けたほうがいいでしょう。

ニキビができやすい場所は顔に使っているのと同じ洗顔料を使って洗うのがおすすめです。 それから、体を洗う際にナイロンタオルを使ってこすっている人もいますが、ナイロンタオルは肌に与える負担が大きいです。綿などを使うか、手で洗うようにしましょう。

背中やデコルテ、首などにニキビができやすい人は、シャンプーやトリートメントの成分が残ってしまっているのかもしれません。特に体を洗ってから髪を洗う人は気付かないうちにシャンプーなどが体についたままになってしまうことがあります。

髪を洗ってから体を洗うようにするだけで体にニキビができにくくなることもあるので、順番を変えましょう。

体を洗う際には毛穴が開いた状態で洗ったほうが効果的です。シャワーのみで済ませていると毛穴が開きにくいので、しっかり湯船につかったうえで体を洗いましょう。

乾燥肌はニキビができやすい?

ニキビというと、油っぽくてべたべたした肌のほうができやすいイメージがありますよね。 逆にさらっと乾燥している肌はニキビができにくいと思っている人も多いのではないでしょうか。肌は乾燥しているのにニキビができてしまうと、不思議に感じてしまう人も多いはず。

ですが、乾燥している肌も脂っぽい肌と同様にニキビができやすいということを理解しておきましょう。特に大人ニキビの場合、肌の油分である皮脂よりも乾燥のほうが原因になっていることが多いのです。

なぜ肌が乾燥するとニキビができやすくなってしまうのかというと、これには角質層の問題が関係しています。肌の角質層は、水分が充分に足りている時は柔らかいのですが、乾燥すると硬くなるという特徴を持っています。

これを角化異常というのですが、硬くなった肌は古い角質がいつまでも肌に残ってしまうことも珍しくありません。その角質が毛穴の中に溜まってしまうと、毛穴の詰まりにも繋がってしまいます。

そもそもなぜ肌が乾燥してしまうのかというと、大きな理由は洗いすぎによるものです。 顔だけに限った話ではなく、体も洗いすぎると皮脂が失われてしまい、乾燥してしまいます。

それほど念入りに洗っているわけではなくても、洗浄成分が強い洗顔料やボディソープを使ってしまうと皮脂を落としすぎてしまうことがあるので気を付けましょう。特に体はお風呂に入っただけでも大部分の汚れは落ちているものです。

洗顔についても同じで、一日に3回以上洗顔をしている人は皮脂を落としすぎている可能性が高いので、回数を減らしましょう。朝は洗顔料を使わずにぬるま湯のみで洗うというのもおすすめです。

肌が乾燥している人は保水と保湿に力を入れましょう。空気が乾燥している環境で暮らしている人は肌も乾燥しやすいので、念入りにスキンケアを行うことが大切です。空気が乾燥しやすい冬場の時季は大人ニキビが発生しやすくなります。この時期は特に念入りなケアをしましょう。

活性酸素と大人ニキビの関係

大人ニキビができてしまう原因はいろいろあるものの、活性酸素が関係していることもあります。活性酸素は様々なタイミングでできてしまう酸素分子のことなのですが、肌トラブルを引き起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

例えば、ただ呼吸をするだけでも活性酸素が作られます。全てが活性酸素になるわけではなく、吸い込んだ酸素のうち約3%が活性酸素になるのです。

とても不安定な分子である活性酸素は水素分子と結合をするために体内をめぐるのですが、その中で体内の組織を破壊してしまうことがあります。少量の活性酸素はウイルスや細菌を破壊するためにもなくてはならないものです。しかし、増えすぎてしまうと人体にとって様々な悪影響をもたらします。

特に厄介なのが、酸化です。ニキビの原因といえば毛穴に詰まった皮脂などが炎症を起こすためですが、ここにも酸化が深く関わっています。酸化した皮脂は周囲の細胞を傷つけるだけでなく、肌が再生するのを邪魔してしまうことがあるのです。

そこで、できるだけ活性酸素を発生させないための努力が必要になります。特に意識したいのが紫外線対策です。紫外線を浴びた肌は活性酸素を発生させてしまうので、ニキビを防ぐためにも紫外線対策を念入りに行いましょう。

それから、タバコも活性酸素を発生させるため、極力控えるか、完全にやめたほうがいいですね。また、油の中には酸化しやすいものがあるため、脂っこい食事が好きだという人も食生活を見直したほうがいいかもしれません。

活性酸素が発生する原因はひとつではないためなかなか対策が取りにくいのですが、健康的な生活を心がけていくだけでも活性酸素を抑えることに繋がるはずです。

ニキビができやすくなったり悪化しやすくなったと感じているのであれば、活性酸素の問題も疑ってみてはどうでしょうか。目に見えるものではないので判断しにくいのですが、食生活が乱れていたり、紫外線対策が十分ではないなど思い当たることがある場合は対策を取ることをおすすめします。

このページの先頭へ